【2019年版】買って良かったおすすめのガジェット&モノ10選

こんにちは。Masahiroです。

2019年の4月から当サイト【My Interest】を始めてはやいもので8か月。
僕はモノの見切りが早いほうでこの8か月間の間も様々な商品やサービスに手を出しては『良い』と思ったものだけ手元に残しています。

ここ記事ではAmazonの購入履歴をみて「これは買って良かった!」と思ったものや今でも長く使っているおすすめの商品を紹介していきます。
記事公開時はレビュー記事を全て公開できているわけではないですが、全て実際に使って気に入っていることには違いありません。

①ノートパソコン:Huawei Matebook X Pro

ブログを始める際に形から入る僕が真っ先に買い替えようと思ったのが、ノートパソコン。
これまでは、2012年製のMacbook pro を使っていましたが、ずっとMacの操作に慣れきれず「スクリーンショットってどうやって撮るんだっけ?調べよ・・・」なんて無駄な時間を使っていました。

今まで仕事ではずっとWindowsのパソコンを使っていたため、個人で使うメインPCもやはり操作になれているWindowsにするべきだった。とつくづく思っています。

Matebook X Proの特徴は3:2の比率で画面占有率91%のディスプレイとMacbookに似た美しい外観。

ノートPCってパカっと広げるとディスプレイを覆う枠があると思いますが、Matebook X Pro にはそれがほとんどありません。そのため一画面での情報量が多いし、何より見た目もスタイリッシュになります。それでいて3kのディスプレイを搭載しているので、何気なくYouTubeで4k動画を観たとき「え、こんなに綺麗に映るの?」と感動した記憶が今でもあります。

キーボードを打った時の心地よさや持ち運びの利便性。何をとっても気に入っていてブログの執筆速度や生産性向上に大いに貢献してくれたと考えています。
ただしウルトラブックは拡張性に乏しいのでUSBドッキングステーションノートパソコンスタンドは必携。(当ブログの紹介記事へ遷移します。)

詳しくは下記でレビューしているので気になった方はぜひ!

関連記事

ブログを書きはじめ早2ヶ月。メインPC(Macbook pro)を7年ほど使ってきましたが、そろそろ買い替えを考えていました。買い替えにあたり新しいMacbookにするか、コスパ最高のMatebook X Proにするかを毎日悩んできま[…]

 

②マウス:ロジクール MX Anywhere 2 SE-MX1500

パソコン変えたならマウスも変えなくちゃね!
そんな気持ちで買って満足しているのがMX Anywhere 2 SE-MX1500。

当初はロジクールのMX Master 2S MX2100sGR(上位互換で大きく多機能のマウス)を買おうと思ってましたが、値段も高くなにより持ち運ぶ機会が多いウルトラブックに適さない大きさだったため断念。

そこで僕が選んだのは型落ちではあるが、安く買え機能面も申し分なく持ち運びにも適したMX Anywhere 2 SE-MX1500。

このマウスは左右ボタンや親指部分にある通常『戻る・進む』ボタン、センターボタンのカスタマイズでき、ボタン一つでいつも開くドキュメントを開くことも可能。便利。
地味に気に入っているのが、スクロールボタンをクリックすると縦に長いページなどに便利な超高速スクロールモードに切り替えられる点。シャーって。もう一度クリックするといつものカチカチスクロールに戻ります。
安いマウスとは違うなっと感じさせてくれた商品でした。

③スマートフォン:Huawei Mate20 Pro

iPhoneを3GSのことから使っていた僕はかれこれiPhone歴10年ほどでしたが、最近のiPhoneに真新しさや機種編をする喜びを感じなくなり巷で高評価のMate20 Proに切り替えました。

Mate20 Proの特徴はメインカメラにあると思っていて、ほぼ撮っただけの状態で

広角ではここまで広く撮ることが出来るし、夜にも強い。

標準域では4000万画素の威力が爆発します。なんだか匂いまで感じるんじゃないかって勢い。
しっかりとボケも聞いていていわゆる『映え』な写真も気軽に手間なく撮ることが出来ます。

もちろんカメラ以外にも様々な機能があってディスプレイは有機ELだし防塵防水に対応したIP68の防水付き。

他にも画面内蔵型の指紋認証や、4200mAhの超バッテリーで一日使ってもまだ充電切れになったことがありません!

普段から割と動作が重めのスマホゲームをしていますが、ぬるぬる、さくさく動くのも高いポイント。

Mate20 Proは約1年前に日本で販売しましたが正直言ってiPhoneの最新機種11Proと比べても十分渡り合えるスペックだと思っていています。値段も安いし。

created by Rinker
HUAWEI(ファーウェイ)
¥78,800(2020/10/13 03:55:00時点 Amazon調べ-詳細)

④ブルーライトカット眼鏡:Freezeframes

Amazonで買った安いブルーライトカット眼鏡。
以前までJINZで買った4000~5000円ほどのブルーライトカット眼鏡を使っていましたが、「なんか、デザインださい」と思いながら仕方なくつけていました。

その後Amazonで買ったFreezeframesのブルーライトカット眼鏡は見た目も良く、何より値段が1000円ちょっとと高コスパ。ブルーライトカット率も体感でわかります。

毎日仕事でPC使う人や、スマホやテレビをしょっちゅう見る人は早いうちからケアしておかないと頭痛や肩こりの元にもなります。
目が悪く眼鏡をかけている人は早急に度付きのブルーライトカットレンズを導入したほうがいいし、現状眼鏡をかけていない人こそ、ブルーライトカット眼鏡をしてほしいと考えています。

⑤シャンプー:MARO17(マーロ17) スカルプ コラーゲン シャンプー パーフェクトウォッシュ

読んでくれてる方が女性なら飛ばしてください。(旦那さんや、彼氏のプレゼントはアリかも)

僕自身長い間ウルオスのシャンプーを使っていましたが、とって代わったのがマーロ17パーフェクトウォッシュ。現状、薄毛とまではいかないが将来のケアをそろそろ気にしたい。思っているからに最もおススメのシャンプー。

結論だけ言うと市販で販売されている男性用シャンプーの中では配合成分がズバ抜けて豪華なんです。これ本当に市販クラスなの??というほどに。

ミノキシジルの3倍の育毛効果があるアセチルテトラペプチド-3
高級化粧品にも使われるリンゴ果実培養細胞エキス
女性用トリートメントなどに使われる高保湿のホホバ種子油

薄毛や育毛で悩み、調べたことがある男性なら「え、ミノキシジルの3倍?!」と驚く人も方もいると思います。また、保湿効果化が優れているので髪質がパサパサになりがちな男性にもおすすめできます。
ガチ検証でおなじみモノクロの2019年シャンプーランキングでは堂々の1位になるほど。

ちなみにAmazonの定期便で買うのが現状最安で買える手段。僕も何度も利用しています!

created by Rinker
MARO17(マーロ17)
¥2,178(2020/10/13 03:55:00時点 Amazon調べ-詳細)

⑥ワイヤレスイヤフォン:JPRiDE TWS-520

音楽を普段から全く聴かないって人は少ないだろうけど、ワイヤレスイヤフォンを使っている人がそこまで多くないのは何故でしょう。

JPRiDE TWS-520は見た目のスタイリッシュさ、高音質からは疑うほどの価格が魅力。

ワイヤレスイヤフォンはコードの絡まりや引っ掛かり、断線というストレスから解放してくれます。Bluetoothの接続のため稀に音飛びもありますが、僕は今さらコードありのイヤフォンを使おうとも思えません。

専用の充電ボックスもコンパクトでスーツのズボンに入れても変にこんもりしないのも◎

もともと僕はブランドネームだけで大手メーカーのイヤフォンを使っていました。「高い金額払って買った商品だからいい商品」という考えが染みついていましたが、試しにJPRiDEのTWS-520を買って今までの考えがいかに浅はかであったか思い知らされました。安くても品質が良いものもある!と。

僕が以前書いた記事にクーポンを記載していますが、クーポン適用後は3000円台購入できます。クーポンもいつまで使えるのか不明なので、気になった方はぜひ下記のレビュー記事を読んでみてください。

関連記事

Masahirowebマーケティングエンジニアのmasahiroです。Twitter【@masahiro_my】やってます!通勤や通学で音楽を聴きたいときなど、現代人には必携となったイヤホン。有名メー[…]

⑦めぐりズム蒸気でホットアイマスク

『目がお風呂に入っている~』そんな感覚が味わえたのはホットアイマスクを使用したから。

やはり現代人はパソコンやスマホの操作がどうしても長くなってしまいがち。視力の低下はもちろん、ドライアイや肩こり頭痛の原因となることもしばしばあります。ブルーライトカット眼鏡の着用や目薬、そしてリフレッシュや血行の促進としてホットアイマスクが非常に重宝しました。

集中してパソコン作業が続いた時の休憩時に使いリフレッシュに使ったり。目を酷使した日の就寝前に着用するとなんだか眠りが深くなる感覚があります。
ラベンダーや柚子、カモミールの香りと様々な香りの展開があり、香りを楽しみながら入眠に入る時は本当に心地が良いです。

現状一回分が約80円ほどなので、一日に何回も使うのは気が引けるかもしれませんが、特に目が疲れたやリラックスしたいときはおすすめですよ!

created by Rinker
めぐりズム
¥952(2020/10/13 03:55:01時点 Amazon調べ-詳細)

⑧Amazon Echo Dot

先日、当ブログでも紹介した【Echo Dotと音楽1か月分がセットでお得\999】キャンペーンに飛びつきさっそく我が家でもAmazon Echo Dotを導入しました。結果、半日使っただけでも【未来の体験】をすることができ大興奮。

試しに使った所感ではガジェット系が好きな人ももちろん『スマホが生活に馴染んでいない親世代こそ持つべき』と感じました。スマホ操作に慣れていない人がスマホで朝起きる目覚ましの設定をしたり、出かけに行く前の天気予報調べたりできないですもんね。

Amazon Echo Dotを使えばこれらがスピーカーに話しかけるだけで、スピーカーが管理してくれます。さっそく親にも買ってあげようと考えています。

僕自身も、寝る前に「森の音開いて」と話しかけてスズムシが鳴くあの静寂間の中で眠りについたり、「暖炉の音」を流しながら読書したりとなかなか普段とは違った空間を作り上げることができ楽しんでいます。

今ならまだキャンペーンも継続中なので、使いこなせないって感じている方でも試してもらいたいと思います!

関連記事

Amazonのスマートスピーカー【Echo Dot(第3世代】と【Amazon Music Unlimited】の個人プラン1か月分の利用権がセット999円で購入できる【Echo Dotと音楽1か月分がセットでお得\999】というわけのわか[…]

⑨Hohem iSteady Mobile+ スマホ スタビライザー

昨今のYouTubeブームを受けて僕も近いうちに動画を上げていきたいと考えています。

まずは、スマホで撮った動画から。と思っていてそんな時、卓上の三脚としてもジンバルとしても活躍できそうなHohem iSteady Mobile+ スマホ スタビライザーを購入済み。

ジンバルって何かっていうとスマホをセットすると動画のブレを防いでくれ、電動駆動により視点移動などがスムーズになる自撮り棒のようなものです。
試しに近所を散歩した際、Hohem iSteady Mobileを使って撮影しましたが、走ってもほとんどブレることなく動画が撮影できました。

このスタビライザーは三脚の様に自立することもでき、卓上の三脚代わりになるのも購入した理由の一つ。
ゆくゆく挑戦したいと思っているYouTubeの動画つくりに大いに貢献してくれるでしょう。

⑩チタン印鑑 2本セット ケース付き ブラストチタン

私事ではありますが、私生活で『住宅購入の書類』『ローン審査の書類』『役所手続きの書類』と実印や認印を使用する機会が何かと多かった今年。何十回と押印をする中で買って良かったと思えるのがAmazonで安く購入できた実印と銀行印のチタン印鑑セットです。これがなんと二本で2000円ほど。桁がひとつおかしいと思う。
実印はフルネーム記載、銀行印は汎用性が高い苗字のみの二本が作れます!

通常実印と銀行印の二本を印鑑専門店で買うと相場として10000円は越え、『ブラストチタン』ともなると20000円はゆうに超えます。

通常はこのくらいの値段。(一本)

 

チタン製品ゆえ、重厚感があり重さを感じる点。正面の位置がわかるようにする『あたり』がない点。に難を感じましたが、なぜこんな破格で高級印鑑が作れるのか。
質感、押印の際のにじみや乱れもなく大変満足しています。

印鑑を持っているけど間に合わせの物を使っていたり、これから高校生、社会人にこれからなる人はしっかりとした印鑑を持っていることがステータスにもなるので、安いのに質感良好のチタン印鑑一本持っておいて損はないかも。

最新情報をチェックしよう!