【PS4におすすめのエイムリング+フリーク】APEXでも大活躍だ!

FPSやTPSのゲームをプレイしててもなかなか敵が倒せない。思うように弾が当たらない。なんて落ち込んでいる方に朗報です!先日試しにゲームパット(コントローラー)にエイムリング、フリークを装着したら明らかにキルレが向上したよ!!と感じましたので共有したいと思います!導入検討中の方は参考にしていただければ幸いです。初心者の方にもオススメですよ!

エイムフリーク

まずエイムフリークですが、ゴム状のサムパッドを用いてスティックの操作性を向上することができます。

グリップ性の向上
エイム精度の向上
高さにより入力速度の向上

スティック操作が素早く、かつ正確にできるといったものですね。
単純に滑り止めの役割をはたしていますし、入力の速度が上がります。

上記の商品がアマゾンでは人気の商品です。

この記事を書いてから僕もボルテックスのエイムフリーク買いましたが、使いやすさが全然違いました!
詳しくは下記で説明しています!APEXの実践データも載せました!

エイムリング

次にエイムリングですが、スティックとの間にスポンジを挿入し、スティック操作の滑り止めのような役割を果たしてくれます。
コントローラーの感度調整だけでは補えきれない調整も可能になるため、以下のような効果が得られます。

細かな操作がしやすくなる
指の負担が減る
スティックを倒した時の音が軽減される

僕が利用しているGAIMX CURBXのエイムリングですと、「天然ゴムを適切な圧縮率で製造しており、平均1500時間の高寿命を誇ります。」と記載がありますので、耐久性も心配ありません。

硬さについて

そしてこのエイムリングですが、使う人によって硬さの好みがあるので種類が選べるようになっています!
例えば大定番の GAIMX CURBX のエイムリングは硬さの違うリングが6種類(#80 #100 #130 #160 #200 #230)各1個ずつが一度に試せる商品があります。

まだ一度も利用したことがなく自分にあった硬さがわからないよ!って方は下の商品を選択するといいでしょう!

目安として一般的には#80 #100 #130 の硬さが一般的な硬さで人気です。硬さについて調べていく途中「80だとあまり操作性が変わらない。」という声もチラホラでていましたので初めての方や初心者は#100か#130を試してみるとOKです。
さらに金額の負担をかけたくない方は、メルカリなどにバラ売りの商品を購入するといいでしょう。

実際の見た目

実際の取り付け例です。
正面からは違いがわかりませんが、側面から見ると右スティックに高さがでているのがわかりますね。オレンジ色の部分がエイムリングです。この二つの組み合わせで素早くかつ、正確なエイムを生み出すことが可能です。

使ってみた感想

僕は現在Apex legendsにどハマりしていますのでそちらで試した感想です。
このエイムリングとフリークをつける前は平均0~1キルほどで、的に標準を合わせてもリコイル(反動)で2発目以降が全然当たらなかったりでキル数などが全然あがらず、「下手すぎるからやめようかなぁ」とか「FPS全然向いてないな・・・」ととても自信が持てませんでした。

し・か・し

これらの商品を使いコントローラーをカスタマイズした結果、平均3キルほどに上がりました!
見る人からすれば、「いやいやそのくらいでなに喜んでるのw」とか「平均10キルになってから出直せw」など思う方もいるかと思いますが、僕にとっては大いなる前進でした。
よく操作に慣れるのに時間がかかると言われていますが、僕の場合は初動で全然問題なく操作できました!

※ちなみにエイムリングを装着するとスティックの押し倒しが緩やかになるので必ずゲーム内のコントローラーの感度をあげましょう!

まとめ

現在FPSやTPSのゲームを楽しんでいる方で「結構な時間やってるのに全然敵を倒せないな」と悩んでいる方。
もしかしたらそれ、コントローラーにエイムリングとフリーク装着すれば解決するかもしれませんよ!
これらの商品レビューをみてもらえばわかりますが、かなり評価が高く多くのプロゲーマーたちも利用している信用性の高い商品です。
FPSゲーム初心者の方にも本当にオススメですのでこのエイムリング、フリークを使いワンランク上の操作性を手にしライバルたちとの差を縮め抜かしてみてはいかがでしょうか。

関連記事

PS4やSwitchでFPS等のゲームをする際、コントローラーにエイムリングを装着すると格段に操作性が上がる。そんな方法を知ってエイムリングを調べたけど、意外と種類やブランドが多くどれを選んだらいいのかわからない!と悩む方。なかでも[…]


   

にほんブログ村 ゲームブログへにほんブログ村 雑貨ブログへ

最新情報をチェックしよう!